買ってよかったものリストはコチラ!

タブレット 今買うなら2択しかない話

ガジェット

どうも、あずれあ(@Azurea9121)です。

タブレットを買おうか迷っている人
とくに、プライベート用のタブレットを探している人はぜひ参考にしてほしい。
仕事用は今回紹介するものでは力不足なので注意。

スポンサーリンク

タブレットは iPad か FireHD 10 の2択

結論から言うと、iPadFireHD2択。
詳しく説明していく。

筆者はこれまでに、タブレット5枚使ってきた。
OSごとに分けると。
(OSとは、システムやアプリを動かすための一番基本となるソフト)

iOSはiPad、iPadmini。
AndroidはSONY XPERIAタブレット。
FireOS(Androidベース)はFire7、FireHD10。
これらの使用感や価格から判断した。

iOSは iPad 無印

まず、iOSから。
プライベート用ならiPadの無印一択。
世代としては2020年発売の第8世代がおすすめ。
公式ストアにて価格も3万4800円とかなり安い。
miniならもう少し値段を落とせるが、無印を強くオススメする。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,999 (2022/10/06 05:57:46時点 Amazon調べ-詳細)

理由は画面の大きさ」
miniはスマホを2まわり大きくした感じ。
ならスマホでいいとなってしまう…

無印の大きさはスマホ3、4個分。
大画面だ。
動画や読書に最適。

それに、性能も値段の割に良い。
コスパ最高だ。
普段使いで困ることはまずない。
iPhoneユーザーはもちろん、Androidユーザーにも使いやすい。

iPadの注意点

https://images.unsplash.com/photo-1587037325379-0b8807b41f23?ixlib=rb-1.2.1&ixid=MXwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHw%3D&auto=format&fit=crop&w=1025&q=80

注意するとしたら、Lightningケーブルの存在だ。
iPadの無印、miniは未だにケーブルの呪いにかけられている。
タイプCではない。
上位モデルはタイプCなので混同しないようにしてくれ。
とくに周辺機器を揃える時は要注意。

Androidタブレットを選ぶときの注意点

次に、Android。
Androidは選択肢が多すぎる。
良いことだが、迷う。

そこで気をつけてほしいのは、安物に手を出さないこと。
1万円前後はまず怪しいと思ったほうがいい
怪しい中華タブレットや、日本製でも性能に見合わないことが多い。
耐久性に欠けるタブレットも多くある。
いくら安くてもすぐ壊れてしまっては意味がない。
安物買いの銭失いだ。

逆に高いからOKと言うわけでもない。
日本のメーカーが作っているタブレットは割高感がある。
値段の割に、性能が見合っていない。
液晶やカメラに力を入れてるが、カクカク動作多発など。
全体的にバランスが取れていない印象。

Androidタブレットの正解は Fire HD 10

では何を選べばいいか。
AmazonのFireタブレットだ。
価格はピンきりで、一番安いモデルはセールで購入すると3000円台で買えてしまう。

だが、ここで安さで選ばないでほしい。
むしろ、Fireタブレットの1番上位モデルを買ってほしい

FireHD10
1番の上位モデルといっても、値段は定価で15980円。
なんとセール時には、6000円も値引きされる。
実質10000円でタブレットを買えるのだ。

同じアマゾンで売っている怪しい中華品とはわけが違う。
日常使いであれば問題ないスペック。
娯楽目的には最適だ。

そのままでも使えるが、さらに使いやすくする裏ワザもある。
それは別記事でも書くとする。
とにかく、AndroidユーザーはFireHDを1台持つことをオススメする。
一家に一台Fireタブレット。

まとめ。

いまタブレットを買うならiPadかFireタブレットの2択。
iOSユーザーならiPad。
AndroidユーザーならFireタブレット。

スペックが気になるならiPadを選択するといい。
iPadは性能も値段も良しのタブレットだから。
もし、迷っている人がいれば参考にしてもらえればと思う。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,999 (2022/10/06 05:57:46時点 Amazon調べ-詳細)
10.2インチiPadを購入
10.2インチのRetinaディスプレイとA13 Bionicチップを搭載した新しいiPad。返品、送料は無料です。詳しくはAppleのウェブサイトでどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました