買ってよかったものリストはコチラ!

【BOTANIST】シャンプー選びに迷ったらとりあえずコレ【ダメージケアが一番】

ライフハック

どうも、あずれあ(@Azurea9121)です。

筆者はボタニカルシャンプーを使い続けて6年以上になる。
そんなヘビーユーザーの筆者がボタニカルシャンプーについてのレビューをしていく。

この記事は以下の人に向けて書いていく。

・ボタニカルシャンプーを知らない人
・髪質を良くしたい人
・低価格で高品質のシャンプーが欲しい人

スポンサーリンク

ボタニカルシャンプーとは?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51q0wWBBUQL._AC_SL1000_.jpg
アマゾン BOTANIST公式より

ボタニカルシャンプーは大阪にある「株式会社 I-ne(アイエヌイー)」が販売するブランド「ボタニストBOTANIST」シリーズのシャンプー。
他にも、美容家電の「サロニア SALONIA」と聞いて知っている人も多いはず。

ボタニストシャンプーの特徴を簡単に説明する。
公式HPにも載っているので、ぜひみてほしい。

1.こだわりの植物由来成分配合髪だけでなく頭皮も意識した植物由来の素材を配合してある。汚れを落とす界面活性剤にもこだわり、サロン品質を自宅でも味わえるようにした。

植物由来と生分解性が高い(微生物に分解されやすい)ので、環境にも優しい。
すべての洗い流しはさいご、二酸化炭素と水になる。
われわれ人間だけでなく環境もの配慮しているのがとても素晴らしい。

2.自然の恵み”せっけん成分”肌の皮脂に似ている弱酸性のせっけん成分のため、低刺激。皮膚が弱い人や子供でも安全。そして無駄な洗浄を抑えることで、肌本来のターンオーバーを助けてくれる。

市販のシャンプーは、洗浄力が高すぎて、必要な皮脂や角質までを落としてしまうことがある。
すると、髪がべたつきすぎたり、痒みやフケなどトラブルを起こしやすくなる。
ボタニストシャンプーはそれを防ぎ、本来の頭皮や髪を目指しているのだ。

3.うるおいと輝きを与える地肌を整え、頭皮と髪にうるおいと補いを保ちながら、髪の弾力とツヤに必要な水分を保つ力を高める。

年齢を重ねてくると、髪にも元気がなくなってくる。
若い人と比べれば、歴然の差。ボタニストシャンプーを使えば、10代の頃の髪を取り戻せることもできるのだ。

4.香り彩る、ダブルフレグランス2種類の香りをバランス良く配合。上品な香りで、あなたのバスタイムを優雅なひとときへ。

振り向いたとき、髪からふわっと香るダブルフレグランス。
あなたをさらに引き立ててくれることは間違いないでしょう。

BOTANISTオフィシャルサイト 【ボタニスト】|シャンプー・トリートメント・スキンケアの通販サイト
植物と共に暮らすことを通じて見えてくる、新しい生き方。BOTANISTは植物が持つ豊かさと科学の最適なバランスを追求したヘアケア・スキンケア・ボディーケア | ブランドメッセージやミッションなど、BOTANISTのコンセプトをご紹介

ボタニストを使って変わったこと

ここからは実際にボタニストシャンプーを使って変わったことを書いていく。

髪がきしまなくなった

シャンプーを変えたときから、髪のきしみが大幅に減った。
完全になくなったとまでは言えないが、きしみの防止に効果があったのは確かだ。

きしみの原因であるアルカリ性の成分が含まれていないので、キューティクルも剥がれない。
きしみに悩んでいる人は一度シャンプーを見直したほうがいい。

髪質がサラサラに、ツヤやコシがでてきた

シャンプーを使っていくうちに、髪質が大きく変わっていった。
もうトゥルントゥルン。
指通りもぜんぜん違うし、夕方にはヘタっていた髪がまだピンピンしているほど。

美容師にも褒められるようにもなったのもシャンプーのおかげ。

髪を洗うのが楽しみになった

正直、髪を洗うなんて作業。
シャンプーを変えると、ここにも変化がおきた。

日毎に髪がよくなる様子がわかったので、髪を洗うのが楽しみになった。
それに、シャンプーの香りも良いので、バスタイムも上品なリラックスタイムへと変わった。

ボタニストシャンプーの違い

ボタニストにもいくつか種類がある。

・スムース
・モイスト
・スカルプ
・バウンシーボリューム
・ダメージケア
・チャコールクレンズ

全6種類。

いくつか違いがあり、髪質をふんわりorしっとり、やわらかorハリコシにするかでわかれている。
あなたがどんな髪にしたいかで、シャンプーを選んでほしい。それぞれ紹介していく。

【スムース】 ふんわり、やわらか

一番のベーシック。
軟毛細毛でショートの人向け。

【モイスト】 しっとり、ハリコシ

仕上がりがだいぶ重めになる印象のあるシャンプー。
軟毛より剛毛、ショートよりロングの人向け。
スムースの正反対の位置づけ。

【スカルプ】 なし

このシャンプーは頭皮向けなので、髪質を変えるほどの効果はなし。
頭皮がベタつく、髪がへたりやすい人向け。
ヘアダメージをケアの効果は無いので注意。
あくまで、頭皮洗浄。

【ダメージケア】 ふんわり、ハリコシ

他のシャンプーに比べ、補修成分が多く含まれている。
ちょうどいい洗浄力。
パサツキ、ダメージを抑えたい人向け。

【バウンシーボリューム】 ふんわり、ハリコシ

ダメージケアの成分をより刺激が弱いものにしたシャンプー。
ダメージケアでは少しベタつく、へたるなど人の救済。
ダメージケアは万人向け、バウンシーボリュームは軟毛、頭皮が弱い人向け。

【チャコールクレンズ】 ハリコシ

炭成分配合の洗浄力抜群シャンプー。
スカルプにハリコシを良くする成分をプラスしたもの。
軟毛から剛毛まで使える万能タイプ。
デザインもそうだが、メンズ向けに作られた印象。

created by Rinker
BOTANIST(ボタニスト)
¥2,780 (2022/10/04 14:25:29時点 Amazon調べ-詳細)

ダメージケアが一番オススメ

筆者はチャコールクレンズ以外のシャンプーを使ってきた。
その中でも、読者にオススメできるのは「ダメージケア」一択だった。

理由としては、髪の補修成分が多く入っていること。
成分のわりに価格が安いことだ。

使ってみるとサロンでシャンプーしたあとのような感覚。

さいごに

ボタニストシャンプーはだいたい値段が1,200~1,500円前後。
最初はなんでシャンプーにここまで払わないといかんのだと感じていた。

でも使い始めて、値段以上のメリットや効果が出始めたのでとても満足している。

ボタニストは女性だけでなく、男性にも使えるシャンプー。
髪を変えて、気になるあの人に振り向いてもらおう。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました