買ってよかったものリストはコチラ!

【Huawei P20 Lite】 コスパ最強スマホの登場【20,000円】

ガジェット

Huawei P20 Liteは最強のコスパスマホです。

どうも、あずれあ(@Azurea9121)です。

「Huawei」今いろんな意味で話題になっていますよね。
そんな中で紹介するP20 Lite
購入して1年半ほどがたったので使用レビューをしようと思います。
結論から言うとコスパ最強のスマホに仕上がっています。
詳しく紹介していきます!

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥18,400 (2022/05/21 14:02:28時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

Huawei P20 Liteとは?

2018年Huaweiから発売されたスマホ P20シリーズのエントリーモデル P20 lite。
なんで今さら?と思う方もいるのではないでしょうか。


発売当初でもコスパが良すぎると話題になっていました。
ですが、数年たった今の価格はだいぶ下がり底値をついている感じが見受けられます。
もしかして、今なら価格抑えてそこそこいいスマホを手に入れるチャンスでは?と思いこの記事でとりあげてみました。




値段 2020年9月現在

Amazonの価格では2万円前後となっています。
中には19450円と2万円を切っているものもありました。
メルカリでは1万円前後とかなりの破格で売買されています。
オープン価格が32000円だったので、個人的には今が底値なのかなと思っています。


ちなみに、最近話題のGMS(簡単に言うと、グーグルプライストアが使えるもの)ですが、このスマホは搭載モデルとなっているので、LINEやTwitterなどのアプリをインストールして使用できます。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥18,400 (2022/05/21 14:02:28時点 Amazon調べ-詳細)

スペック(SIMフリー版)

・CPU Kirin 659 オクタコア (4×2.36GHz+4×1.7GHz)
・ストレージ 32GB
・メモリ 4GB
・バッテリー 3000mAh
・画面サイズ5.84インチ フルHD+(2280x1080ドット)
・デュアルSiM対応
・指紋認証対応
・アウトカメラ 1600万画素+200万画素
・インカメラ 1600万画素
・USB Type-C充電
・幅71.2mm × 高さ148.6mm × 厚さ7.4mm
・重さ145g



手が小さい人でも片手で操作ができるようなサイズ感。
サクサク操作できるパワフルなオクタコアCPU。
急速充電にも対応した少なすぎず、多すぎずのバッテリー。
もう一度言います。
このスペックで2万円です。
控えめに言って最高です。

外観

P20lite 背面(右側中心部の丸ボタンが指紋認証センサー)
P20lite 前面(フレームが小さく画面占有率83%と広く見やすい液晶)

この2万円台と感じさせないデザインと質感。
やっぱり普段使うスマホはシンプルなほうが良いですよね。
このスマホの完成度は高めといった印象です。
ここからは、スマホ機能で個人的に驚いた部分やおすすめを紹介していきます。



指紋認証

まず、P20 liteの指紋認証センサーが凄いです。
センサーは背面に付いていて、スマホを持つ時の人差し指の辺りになります。


ぶっちゃけ、2万円台のスマホだし、使い物になるかなと思っていました。
ですが、実際に使ってみるとその性能に驚かされました。


誤作動もなく、認証までに1秒もかかりません。
普通に日常でも使えるレベルです。
サッと指を置くだけで、ロックが解除されます。


実は、指紋認証対応のスマホを他にも使ったことがあるのですが、
認証まで時間がかかったり、そもそも反応しないなんてことが多くありました。
値段はP20liteの倍以上とか平気でしますねw
(スマホ名は伏せます…)


それに比べP20liteのセンサーは優秀です。
誤作動もなく、瞬時に指紋を読み取ってくれます。

また、ロック解除のみだけでなく「ジェスチャー」という機能にも使えます。
「ジェスチャー」とは上下左右に指をなぞることで特定のアプリを起動したりする機能です。
写真を撮ったり、電話にでたり、アラームを消したりなんてこともできます。
2万円台のスマホだからといって侮れません!

カメラ性能

おそらくカメラを多く使う人もいるので気になっている人も多いと思います。
そんな人にはこのスマホはどうか?
結論から言うと胸を張っておすすめできるスマホです!!!


まず、このスマホはデュアルレンズです。
メインが1600万画素、サブが200万画素となります。
レンズが2つに増えたことで、自然な「ボケ」を写真に加えることができるのです。


ここからは実際に撮った写真を載せていきます。
そのときの設定はすべて、アウトカメラ、オートモード(デフォルト)で撮っています。
機能に夜景や風景、食べ物モードなどありますが今回は使用していません。

タイ ドンムアン空港近くの駅にて

これはタイに行ったときに列車を撮ったものになります。


この写真、ただ列車にピントを合わせて撮影しただけのものになります。
よく見ると列車の後列部分がボケているようにみえると思います。
それにより、いい感じの写真に仕上がっています。
これはただ画面をワンタッチしただけで撮れちゃうのです。
すごくないですか?使いこなしたらプロ級の写真も撮れるかもしれませんね!?


続いて、靖国神社に行ったときに撮った写真です。

靖国神社 第二鳥居前の広場にて

(なんでこんなものを撮ったのかという撮影者のセンス等の疑問はさておきw)


全体的に鮮やかに撮れていると思います。
本当に自分の目に写ったまんまを収めている感じがありますね。
ホワイトバランスも何も調整せずとも自動でやってくれるので撮影初心者としてはとてもありがたいです。
そして最後にもう一枚見ていただきたいです。

靖国神社 第二鳥居前の広場にて

これは仕方ないのかもしれませんが、撮影者が日陰から日があたっている部分を撮ると、白光りする部分が結構出てしまいます。

この白い部分を調整はいくらやっても抑えることができなかったので、気をつけないといけない点かもしれません。
(そもそもこういう撮り方はNGかもしれませんが・・・)


これまでのカメラ機能をみても2万円台でここまでキレイな写真が撮れるスマホは他にないと思います。
(デジタルカメラ業界が衰退するのもなんとなくわかる気がします。)



急速充電(Quick Charge)

このスマホは急速充電「Quick Charge」に対応しています。
ファーウェイによると、10分間の急速充電で最大24時間の連続待受時間が可能です。


さらに、Quick Charge対応の充電器とケーブルは本体に付属しています。
(もし、消耗品であるケーブルを取り替えるときは5A以上に対応したものにしましょう。)
2万円でスマホが買えて、さらに急速充電器も付属って良心的すぎやしませんか!!!
ちなみに、スマホのソフトカバーも付いています。
カンペキ。

オススメな人

  • 2万円台でそこそこ使えるスマホが欲しい人
  • サブ機としてスマホを探している人


メインとまではいかないけど、2台目やそこまでスマホの使用頻度が高くない人であればもっていて損はない機種だと思っています。
自分もこの機種は自宅用として使っています。
動画やSNSなどサクサク見れるのでおすすめです。
他にも、ご両親や子供の初めてのスマホにもおすすめかも知れません。
この値段でこのスペックを体験できるので大変お得です。



まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はHuawei P20lite のレビューをしてみました。
最近でも低価格で高機能なスマホが続々と出てきいますが、2万円台でここまで高機能なスマホは数少ないです。
このP20liteは日常使いとしても、サブとしても申し分ないものだと思っています。
購入してから1年ほどたちますがまだまだ現役でもやっていける端末です。
ぜひお試しください!

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥18,400 (2022/05/21 14:02:28時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました