買ってよかったものリストはコチラ!

2021年6月アマゾン プライムデーで購入したもの【開封の儀】

開封シリーズ

どうも、あずれあ(@Azurea9121)です。

今回は2021年6月21,22日に行われたアマゾンプライムデーで購入したものを紹介させていただく。
筆者はもちろんガジェットをメインで2日間セール品を監視していた。

『あなたは何を買いましたか?』
昨年の5月のプライムデーはコロナの影響で10月に延期された。
今年は延期なしで開催され、例年以上の大盛況だったそう。

両日ともに平日だったため、仕事の合間を見計らってセール品を漁っていた。

それでは早速、購入したものを紹介していく。

スポンサーリンク

開封

はこ!

オープン

購入商品

今回購入したのは5つ。

1.【NEWモデル】Fire HD 10 Plus タブレット 32GB
2.Fire TV Stick 4K
3.【詰め替え】BOTANIST ボタニカルシャンプー【ダメージケア】425mL
4.SwitchBot Hub Mini + SwitchBot 温湿度計

合計4点 総額22,300円

いちおう目安としてどれだけ値引きされたかもみてほしいので、元値も一緒に載せておく。

だいたい12,000円の割引された。
だいぶお得に購入できたと個人的に感じている。
とくにアマゾンデバイスに関しては半額近い値段になっていたのでほんとうに良かった。

では、それぞれ紹介していく。

1.【NEWモデル】Fire HD 10 Plus タブレット 32GB ¥18,980→¥12,980

新作アマゾンタブレットもプライムデーにてセール対象になった。
コチラの記事で過去作と紹介しているのでぜひ見てほしい。

筆者はパワーアップした『HD 10 Plus』を購入。
セールでだいたい6000円オフになっていたので1万円ちょっとで手に入れることができた。

使用感などの詳しいレビューは別記事にて紹介する。
ただ1ヶ月使い続けてきた感想としては、文句なしのコスパ最強タブレットだ。

年々アマゾンはタブレットを性能アップさせ、さらに値段も据え置きと隙がない。
Fire HD 10 Plusはぜひあなたにも使ってほしいので、気合いれて記事を書いていくのでもう少し待ってほしい。

2.Fire TV Stick 4K ¥6,980→¥ 3,980

アマゾンデバイスでは知らない人はいないであろうFire TV Stickの4K対応バージョン
勘違いしている人も多いが、4Kに対応していないテレビにもFire TV Stick 4Kは使える。
ただ画質は良くはならない。
逆に、4KテレビにFire TV Stickの無印を挿しても使える。
ただ画質はHD相当なので、4Kに見慣れている人は粗っぽく感じるかもしれない。

筆者の実家で4Kテレビを購入したこともあり、無印も持っていたが高画質でアニメやドラマ、映画をみたいので今回購入した。

通常はなかなかの値段(6,980円)だが、今回のセールで40%オフになっていた。
無印との違いは画質しかない。
なので無印でずっと妥協してきたが、ほぼ同じくらいの値段まで下がっていたのでので即ポチった。

3.【詰め替え】BOTANIST ボタニカルシャンプー【ダメージケア】425mL ¥1320→¥1056

毎回プライムデーで購入する日用品No.1のボタニカルシャンプー
ボタニカルシャンプーの中でも筆者オススメのBOTANISTは通常は1300円となかなかの値段がする。

BOTANISTについてはコチラの記事にて紹介している。
値段は市販のシャンプーに比べれば高めだが、値段以上のメリットがあるのでぜひ使ってみてほしいシャンプーだ。

プライムデーでは1000円にまで値下がりするので、筆者はいつもここでまとめ買いしている。
日用品で300円の値下がりはけっこう大きい。
プライムデーでは日用品もセールになるものが多いので併せてチェックするといいだろう。

4.SwitchBot Hub Mini + SwitchBot 温湿度計 ¥5,960→¥3,980

スマートホーム関連のガジェットは以前から目をつけていた。
筆者の自宅にはアレクサがいる。
正直、アレクサだけだとあまり使いみちがない。

そこで今回購入した『SwitchBOT』というガジェットを導入すると、できることが大きく増える。
今回は家電を操作するために必要なハブとセンサー付きの温湿度計を購入した。

まずはエアコンなどのリモコンを必要とする家電を声で操作したかった。
価格はセット価格で約2000円オフとだいぶ値下がったので試しに購入。

スマートホームについては詳しく別記事にて紹介しようかと考え中。

スマートホームは簡単にいうと、声で家電を操作できるようになったり、電源のオンオフを自動化できるようになる。
夢のようだと思うのは筆者だけだろうか?

問題は価格だ。
必要なガジェットが多いため、価格もどんどん高くなってしまう。

起点のスマートスピーカーから、家電を操作するために必要なハブ。
遠隔操作に対応した電球やプラグ。その他にもいろいろある。

目的に応じて揃えなければならないので多少ハードルは上がる。
もうひとつ欠点があるとすれば、万能ではないことだ。

結局はモノなので1つに付き1つのことしかできないと思ってもらったほうが良い。
その割には価格は高め。

スマートホームが普及しないのは価格だったり、使いみちなどが根本原因なのかなと筆者は考えている。

さいごに。

今回は2021年6月のプライムデーで購入したものを紹介した。
ガジェット多めでどっちかというとブログのネタになりそうなものや欲しかったものをまとめて買ったような感じ。

使い込んでみてあなたにオススメできるものなのかじっくり考えてから記事にしていこうと思う。

ガジェットに限らずあなたのオススメの商品があればぜひ教えてほしい。
ブログのネタが尽きたからとかそういう意味ではないのでご注意を。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました