買ってよかったものリストはコチラ!

投資レポート【2021年5月】

資産形成

どうも、あずれあ(@Azurea9121)です。

久しぶりのブログ更新ということで、溜まっていた投資レポートからまとめていく。
来月6月分のレポートも今週中にはあげるのでぜひあわせてみていただきたい。

それではさっそくはじめていく。

スポンサーリンク

全体評価は先月よりダウン

全体の評価損益率は+11.44%(前月17.49%)
先月より-6.03%の減少。
-6%とおおきく下がってしまった。

理由は積立金額を増やしたことが原因。
今月から積立NISAの限度額33333円いっぱいで積立を開始した。
内訳としては2/3をeMAXIS Slim米国株式(S&P500)、1/3をeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)。
金額が一気に上がったことで利率がおおきく下がったのだ。

ただ下がったとはいっても、10%台と非常に高い利率をほこっている。
来月以降も継続していくが、私としては淡々と積み上げていくだけだ。

個別の評価

つづいて個別の成績も合わせてみていこう。
()内は前月との比較だ。

1ニッセイ外国株式インデックスファンド +22.20%(+1.88%)
2楽天全米株式インデックスファンド +20.90%(+0.62%)
3eMAXIS Slim米国株式(S&P500) +9.77%(-7.16%)
4eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー) +7.71%(-6.21%)

増額設定したS&P500とオールカントリーが一気に下がっているのがわかるだろう。
一時的には下がっているが、このまま様子をみていく。

個人的に感じているのは、伸びがだんだん鈍化してきたことだ。
経済も回復してきて限界とはいえないが、速度もだんだん落ちてきている。
これらすべてコロナの影響だと考えるとほんとうに恐ろしい。

ちょこっとコラム 変異種とワクチン

先月終わりからコロナウイルスの変異種が複数確認されるようになった。
緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置が各地で発令、延長されてまだまだコロナへの不安はなくらない。

そんな中、ワクチンの普及がまだまだ遅れているのが現状だ。
医療従事者や高齢者は進んできた印象だが、まだ全体のごく一部。
はやくもとの日常に戻りたいものだ。

外国株に投資している身としてはアメリカの状況も気になる。
米国ではすでにワクチン普及も進み、経済再開を果たしている。
日本もこれに続いてほしいところだ。

米国株投資について少し覚悟しておこなければならないことがある。
株価の下落だ。

私はコロナ下に投資を始めたこともあり、順調に資産は増加していっている。
それも怖いくらいに。

良くも悪くも株の怖い部分に触れてこなかったので、いざ下落がおこったときに私自身が耐えられるのか心配である。
焦って売ってしまったり、積立をやめてしまったりなど・・・

『長い目で見れば、必ずプラスになる。』
その言葉を信じでこれからもたんたんと積み上げていく。

さいごに。

今回は2021年5月の投資レポート書かせてもらった。
社会人になって、お給料が発生するようになり、入金額もだんだんと上がってきた。

学生の頃から早くに体験できたからそだと思う。
まだ周りには投資に対して危ないや怖いなどのネガティブな印象を持っている人も多い。
ただ早くからやるかやらないかで今後大きな差になっていく。

資本主義社会の怖いところだ。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました